この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

他の歯に負担を与えない

負の連鎖を断ち切るため

患部をよく見ないで、すぐに歯を抜こうとする医師は良い医師とは言えません。
できるだけ痛みを感じないような治療をしてくれる良い医師は、歯を極力抜かないように努力してくれます。
歯を削ることで周囲の歯や神経に負担を与えず、また痛み最小限になります。
歯をどのようにして治療してくれるのか、調べてから歯医者を決めましょう。

無理に歯を抜くと周囲の歯が今度は虫歯になって、ずっと歯医者に通うことになります。
すると負担が大きいですし、治療費も高額になってしまいます。
数回の治療で終わらせることができるように、削って治療してもらってください。
それでも悪化していた場合は削るだけでは対処できないので、歯を抜くことになります。
歯を抜くのは最終手段だと覚えておきましょう。

早めに治療する意識

痛くない治療にするために、定期な検診は必須になります。
すると初期の状態の虫歯でも医師が気づいてくれるので、すばやく治療を開始できます。
自分で異変に気づくようになってから、医師に相談する人が見られます。
しかしその段階だと、虫歯が進行している状態なので治療中はどうしても痛みを感じてしまいます。
異変を感じないうちから、治療してもらった方が良いでしょう。

定期検診をする時に、顕微鏡や大きなルーペを使って口内を隅々まで見てくれる歯医者だと安心できますね。
目視だけでは、どうしても小さい虫歯を見逃してしまう恐れがあります。
それでは、定期検診を受けている意味がありません。
機械を使うことで、小さな虫歯でも発見できます。