この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

歯医者に行って治療しなければいけない

歯医者を変えよう

いつも利用している歯医者だと、治療中に痛みを感じるかもしれません。
すると歯医者に行くことが億劫になって、虫歯になってもなかなか治療できなくなってしまいます。
放置すると悪化するので、前向きに治療できる歯医者を探してください。
痛みの感じない治療をするためには、麻酔が重要なカギを握ります。

しっかり麻酔を塗ることで、痛みを感じません。
表面麻酔を使っている歯医者に行きましょう。
さらに麻酔の注入の仕方も調べてください。
一気に大量の麻酔を歯に注入すると痛みを感じてしまいます。
電動麻酔注射を使って、ゆっくり麻酔を入れる工夫を行っている歯医者がおすすめです。
詳しく情報を公開していない歯医者は、信用できないので避けましょう。

細い針をメインに使う

治療中に痛みを感じるのは、太い針を使っているからです。
細い針を使えば、痛みを感じません。
ですから歯医者の情報を調べる際は、針の太さも確認してください。
近所にある歯医者を探しても、希望に一致するところが見つからないかもしれません。
その場合は、探す範囲を広げてください。

少し遠くになっても構わないので、痛みを感じない治療ができる歯医者を利用してください。
また治療が完全に終わるまで、通院をやめないでください。
中途半端な状態で治療を終了すると、状態が悪化する恐れがあります。
痛みの少ない治療だったら負担が少ないので、何回か通院することになっても大丈夫でしょう。
歯医者に恐怖心を抱いている人は、事前に情報収集をしっかり行いましょう。